乾燥や刺激に弱い敏感肌を優しくケアするだけでなくエイジングケアも一緒にできることが、化粧品「アヤナス・・・
MENU

乾燥や刺激に弱い敏感肌を優しくケアする

乾燥や刺激に弱い敏感肌を優しくケアするだけでなくエイジングケアも一緒にできることが、化粧品「アヤナス」の特徴です。乾燥肌は肌のバリア機能がほとんど働かない状態にあります。すると摩擦などの外部刺激が大きなダメージとして肌に伝わり炎症反応が起きることになり、コラーゲンが切断され、肌の弾力が失われ、シワ・くすみなどの原因となり、実年齢よりも老いて見えます。アヤナスだけの特許技術で弱ったお肌にバリアを作り、外部刺激からお肌を守ります。
さらに「セラミドナノスフィア」を成分とし、普通のセラミドの約4倍という高い浸透性&保湿性で肌を乾燥から守ります。毎日使うものだからこそ、選び抜かれた花の香りが毎日疲れが溜まりがちな女性のココロと敏感肌を心地よく潤してくれます。無事に出産を終えたと思いきや、ホルモンバランスが崩れているのか肌荒れを起こすようになりました。

 

 

以前から乾燥肌ではありましたが、産後は化粧水が肌にしみるのかピリピリとするようになりました。

 

 

その際に、刺激に弱い乾燥性敏感肌さん向けの化粧品を使うようにし肌に触れるのは必要最低限にして、化粧水とクリームのみのシンプルケアをしたところ悪くなるどころか見事に肌のコンディションが復活しました。

 

産後はスキンケアしているほど時間に余裕もないので時短ケアで済ませていたのに肌が復活して幸運でした。

 

頬は乾燥、額は脂っぽい…いわゆる混合肌というものですが、「洗顔はゴシゴシ擦るのNG!洗顔したら保水&保湿はたっぷりと!」というスキンケアの大前提を守り忠実に、かつスピーディに実施してお肌のコンディションも上向きになってきました。
勿論、肌に合わせて洗顔料やスキンケアコスメを探し求めることも間違っていませんが、それはあくまでも「基本がしっかりできている」からこそ出来ることなのだと実感しました。面倒なので基本を守らずに済ませてしまうこともありますが、それだとカサカサテカテカな混合肌が復活…基本を忘れずに!と覚えておきましょう。冬以外でそこまで乾燥肌に悩まされる事はないのですが、いよいよヒートテック系の肌着で寒さ対策をしようとなると乾燥肌が目立つようになります。
吸湿発熱繊維はヒートテック系インナーに多く使用されていますが特性として、肌から発せられる微量の水蒸気を吸湿しその吸湿反応から得られる熱エネルギーを利用して発熱しているのですが、普段は肌の乾燥がない私ですが、ものすごい乾燥肌になります。
吸湿発熱繊維で作られたインナーなどを使っていて、肌が乾燥してくるという方はこれが原因かもしれません。

 

ヒートテック系を着用して出かける際には「外出前」はもちろん「帰宅後」にも、クリームなどできちんと保湿をしてあげることが乾燥肌を防ぐオススメの方法です。30歳を過ぎた頃から、くすみ、たるみといったものが肌年齢として現れてきました。そこでエイジングケアとして、フェイスマッサージを始めました。さらに、必要な栄養素がきちんと取れるようサプリの摂取や食事内容に気を使ったりして、体の内側から肌が綺麗になるようにしました。

 

これらの努力が実を結び、肌の状態は改善されてニキビも以前に比べて出来る回数が減り、外見上でも張りを失っていたお肌に潤いが復活したように感じられます。くすみがちだった肌色も少し良くなったので、老化が始まっていたお肌を早期に労ってあげることができたのだと思います。できてしまった妊娠線は一生消すことができない!という話を聞いたことがあったので妊娠初期から妊娠線予防をしていました。妊娠線は主にお腹や太ももにできるので、伸びのいいボディミルクやオイルを毎晩入浴後に塗って保湿に努めました。

 

 

使用したボディケア用品は低刺激で妊婦でも安心して使えるものでした。しっかりとケアしたので妊娠線はできませんでした今は産後3ヶ月になりますが、出産してからもお腹周りにはボディケアをしています。

 

乾燥肌の人は化粧水や乳液を多量につけすぎてしまいますがある化粧品会社で化粧品会社のメイクさんから、乾燥肌が気になるならメイクオフの方法を変えてみてくださいとアドバイスを受けました。

 

 

ミルクタイプのクレンジング材がいいそうです。
シートは肌を傷つけてしまうので肌を傷つけやすく避けた方が良いそうです。

 

 

メイク落としをミルクタイプに変えてみて乾燥した肌を今までより良くしてみてください。
肌が乾燥する原因の一つとして、洗顔が挙げられます。
お化粧をすると女子の場合、クレンジングで落としてさらに洗顔料で顔を洗うことが多いです。洗顔時、クレンジング剤や洗顔料が皮膚が健やかであるために最低限保有すべき油脂まで奪い去っているのです。

 

 

 

しかも年を重ねることで肌が持つ油分が低下するため、乾燥がエスカレートしてしまうのです。
したがって顔を洗った後は保湿力のある化粧水や乳液などできちんと肌を整える必要があります。いちご鼻というのは、鼻の形と毛穴の黒ずみがまるでいちごを彷彿とすることからきています。
いちご鼻を綺麗な状態にするには、気長にお手入れをしていく必要があります。

 

鼻の角栓が気になるあまり、指先でにゅるっと押し出す事もあると思いますが、肌の今後を考えて我慢しましょう。

 

 

顔をゴシゴシと擦るなど強い刺激が皮膚に伝わると細胞がメラニンを過剰に作り出すのです。
日焼けやシミの原因成分こそがメラニン色素です。
角栓を押し出す行為は気持ちのいいものではありますが、メラニンの防衛反応が働いて肌に黒ずみを作るきっかけを作ってしまうので避けましょう。加齢によるたるみ、しわ、ほうれい線が気になるところです。年齢を感じさせる顔に変わっていくのは悲しいものがあります。

 

エイジング化粧品でお手入れを行っていますが、それではまだ効き目が足りないように感じるので人前でやるには恥ずかしすぎるフェイスヨガで表情筋のトレーニングを続けています。
一人っきりのバスタイムに日常生活では使っていない筋肉も使用するようにあえてした事のないような表情で筋組織に働きかけたり、ほぐすようにしています。始める以前と比べるとキュッと顔が引き締まった気がしますし、くっきりと見て取れたほうれい線が薄くなり目立たなくなったと実感しています。

関連ページ

できてしまった妊娠線は一生消すことができない
できてしまった妊娠線は一生消すことができない!というのを聞いていたので、妊娠直後から妊娠線ができない・・・
年齢を重ねるとシワやほうれい線
年齢を重ねるとシワやほうれい線なども数が増えて困りますよね。 肌トラブルが老化に伴うものであればこ・・・
毎日のスキンケア一番大事なのは保湿
毎日のスキンケア、やはり一番大事にしているのは保湿です。 バスタイムの後は一番最初にお肌が化粧水を・・・
毎日何気なく行っている洗顔
毎日何気なく行っている洗顔がスキンケアのベースを担っています。洗顔方法を正しく学ぶことが、綺麗なすっ・・・
洗顔後すぐに化粧水をつけること
洗顔後すぐに化粧水をつけることは効果的だといわれています。 肌は顔を洗うと水分が失われてしまうため・・・
私がお肌のケアで重視しているのは先に使用したケア
私がお肌のケアで重視しているのは、先に使用したケア化粧品が肌に染み込んでから別のケア化粧品をなじませ・・・
肌のハリ弾力成分は歳とともに減っていきます
肌のハリ、弾力成分は歳とともに減っていきます。人によって年齢肌のケアを必要とする年齢は異なりますが、・・・
このページの先頭へ